NEWS

2022全日本空道ジュニア選手権大会出場!

2022年1月19日

1月22日に開催される2022全日本空道ジュニア選手権大会に出場する飛澤周希選手が盛岡市長を表敬しました。

まず、「空道」とは、突き、蹴りを主体に、投げ技、締め関節技、寝技が認められており、空手と柔道が合体した武道となっています。
今回、飛澤選手が出場するジュニアの部では認められていませんが、16歳以上になると顔面への攻撃も認められるそうです。

飛澤選手は、5月に開催された2021全日本空道体力別選手権大会で優勝するなど数々の結果を残しており、その成績が認められ、今回県・東北の代表として全日本に出場することになりました。
飛澤選手からは「5月に出場した2021全日本空道体力別選手権大会では優勝することができ、みなさんからの温かい言葉に感謝しています。今度の大会でも勝ち進み、日本代表になれるよう頑張ります。」との決意の言葉がありました。
谷藤市長からは「体調を万全にし、悔いのない戦いを。今まで支えてくれた家族や師範の思いを胸に、強い気持ちを持って勝ち進んでほしい。」とのお話がありました。

現在、小学6年生の飛澤選手ですが、先日臨んだ昇段試験に見事合格し、弐段を取得しました。
小学生で弐段を取得する人は世界的に見ても珍しいとのことです。。

勢いこのままに、全国大会での活躍を期待しましょう!

 

 

この記事についての問い合わせ先

盛岡広域スポーツコミッション事務局
(盛岡市スポーツツーリズム推進室内)
TEL: 019-603-8009 FAX: 019-603-8015
E-mail: sports-t@city.morioka.iwate.jp

 

一覧を見る