NEWS

北京2022冬季オリンピックのスキーノルディック複合団体で銅メダルを獲得した永井秀昭選手が盛岡市長を表敬訪問しました。

2022年4月8日

(左:永井秀昭選手、右:弟の永井健弘さん)

令和4年4月7日、北京2022冬季オリンピックのスキーノルディック複合団体で銅メダルを獲得した永井秀昭選手(岐阜日野自動車所属)が盛岡市長を表敬訪問しました。弟の永井健弘さん(盛岡市役所)も同席しました。

永井選手はオリンピックに3大会連続出場、北京オリンピックではノルディック複合団体で銅メダル、個人ラージヒル31位という成績でした。

銅メダルとマスコットキャラクター「ビンドゥンドゥン」のぬいぐるみを持参した永井選手。谷藤市長にメダルを見せながら「3回目最後の挑戦でメダルという最高の形で終わることができ、一競技者として幸せ者だと思いますし、自分以上に家族や関係者が喜んでくれたのでとても幸せです。せっかくなのでメダルをみて、触ってください。」と話してくれました。

谷藤市長は「試合をハラハラしながら見ていました、最後まで頑張りぬいた姿、本当に感動しました。現役最後という強い気持ちが見事に銅メダルにつながったのでしょう。感動をありがとう。これからは後進の育成にも頑張っていただきたい。」と讃えていました。

 

この記事に関する問い合わせ先

盛岡市スポーツツーリズム推進室
TEL 019-603-8009
メール sports-t@city.morioka.iwate.jp

一覧を見る