NEWS

岩手県営運動公園登はん競技場にスピード施設がオープンしました

2018年4月4日

岩手県営運動公園登はん競技場に,スポーツクライミングのスピード施設がオープンしました。

ボルダリング,リード,スピードのスポーツクライミング全3種目の施設がそろったことで,3種目複合(コンバインド)が正式種目となる2020年東京オリンピックに向けて,国際大会や合宿での活用が見込まれます。

スピード施設は,競技用パネル(高さ15メートル,幅3メートル),練習用パネル(高さ8メートル,幅3メートル)を2面ずつ備えています。

雨風を防ぐ屋根や壁を備えた屋外スピード施設としては国内初で,3種目(ボルダリング,リート,スピード)を備えた公設施設としては全国で国内2か所目です。

 

今年6月23日,24日に国内初コンバインド競技大会「コンバインドジャパンカップ2018」,2020年には「クライミング・アジア選手権」の開催が予定されています。

 

岩手県営運動公園(公益財団法人岩手県スポーツ振興事業団)(外部リンク)

岩手県営運動公園(施設情報)

一覧を見る