【盛岡市】高規格スポーツ施設で大規模大会を開催できます

盛岡市には,大規模なスポーツ大会(国際大会や全国大会など)を開催できる環境が整っています。
盛岡タカヤアリーナいわぎんスタジアム岩手県営運動公園スポーツクライミング競技場の3施設をピックアップしてご紹介します。

盛岡タカヤアリーナ(盛岡市総合アリーナ)

施設紹介

デビスカップ,NHK杯フィギュア,希望郷いわて国体,インターハイなど数々の名勝負の舞台となった総合アリーナ。Bリーグ所属のプロバスケットボールチーム「岩手ビッグブルズ」のホームアリーナとしても利用されています。
これまで冬季はスケートリンクとして運営してきましたが,2016年の国体終了後に大規模改修を行い,通年フロア施設にリニューアルしました。

全日本レベルの合宿も行われる通年型スケートリンクのみちのくコカ・コーラボトリングリンクや,水球のカナダ代表と日本代表の親善試合が開催された盛岡市立総合プールに隣接しており,スポーツツーリズムの拠点となる施設です。

利用競技

フットサル,ハンドボール,バスケットボール,バレーボール,バドミントン,テニス,卓球

主な設備

  • 収容観客数5,058人
  • アリーナ面積3,234㎡(フットサル2面,ハンドボール2面,バスケットボール3面,バレーボール4面,バドミントン12面,テニス3面,卓球26面)
  • トレーニングルーム
  • 会議室

所在地

盛岡市本宮5丁目4-1

駐車場

約400台駐車可能(無料)

盛岡タカヤアリーナ(盛岡市総合アリーナ)

主な開催実績

 

  • Bリーグ「岩手ビッグブルズ」ホームアリーナ(2017-2018シーズン~)

平成30年(2018年)

  • 男子テニス国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦 日本vsイタリア(2月)

平成28年(2016年)

  • NHK杯フィギュアスペシャルエキシビション(1月)
  • 希望郷いわて国体体操競技・スケート競技・アイスホッケー競技(1月・10月)

デビスカップ

2018年2月,男子テニス国別対抗戦「デビスカップ」が盛岡タカヤアリーナで開催されました。
2016年のいわて国体開催の実績が評価されて盛岡市が会場に決定。
県内外から多くのテニスファンが訪れ,世界レベルの激戦に魅了されました。
ボールパーソンや市民ボランティアが活躍するなど,国体のレガシーを活かした大会運営が好評を得ました。

名称

男子テニス国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦「日本vsイタリア」

期日

2018年2月2日(金)~4日(日)

会場

盛岡タカヤアリーナ

主催

国際テニス連盟

主管

公益財団法人日本テニス協会

試合方法

シングルス4試合,ダブルス1試合
各試合とも5セットマッチ

入場者数

9,516人(3日間)

試合結果

イタリア 3-1 日本

いわぎんスタジアム(盛岡南公園球技場)

施設紹介

世界的に高く評価されている天然芝を有しており,RWC2019™日本大会ではナミビア代表の公認チームキャンプを受け入れたスタジアム。Jリーグ所属のプロサッカーチーム「いわてグルージャ盛岡」のホームスタジアムとしても利用されています。
現在,Jリーグの基準を満たす照明設備の整備が進められています。(2021年2月整備完了予定)
なお,隣接地には盛岡南公園野球場(仮称)が整備される予定で,2023年4月の利用開始を目指しています。

利用競技

サッカー,ラグビー

主な設備

  • グラウンド(天然芝) 145m×88m 2面
  • 収容観客数 Aグラウンド4,946人,Bグラウンド4,988人

所在地

盛岡市永井8-65

駐車場

【西側】普通乗用車220台,大型車4台
【北側】普通乗用車46台,大型車12台

いわぎんスタジアム(盛岡南公園球技場)

主な開催実績

 

  • J3リーグ「いわてグルージャ盛岡」ホームスタジアム(2014年~)
  • ジャパンラグビートップリーグ(2006年~)

令和元年(2019年)

  • RWC2019™日本大会公認チームキャンプ(ナミビア代表)(10月)
  • ラグビーカナダセブンズ合宿(9月)
  • ラグビー日本代表合宿(7月)

平成28年(2016年)

 

  • 希望郷いわて国体・希望郷いわて大会サッカー競技(成年男子・女子)

平成27年(2015年)

  • 第51回全国社会人サッカー選手権大会

RWC2019™日本大会公認チームキャンプ

2019年10月,RWC2019™日本大会の公認チームキャンプ地として,ナミビア代表チームのキャンプを受け入れました。

RWC2019™日本大会公認チームキャンプ

ラグビー日本代表事前キャンプ

2019年7月,ラグビー日本代表の事前キャンプを受け入れました。期間中には地域交流イベントも行われ,参加した子どもたちは憧れの選手とラグビーを通じて交流しました。

ラグビー日本代表事前キャンプ

ラグビー女子セブンズ親善試合(カナダ×日本)

いわぎんスタジアムはラグビーカナダセブンズの東京2020オリンピック事前キャンプ練習施設に決定しており,2019年9月,カナダ女子と日本女子の合同合宿を受け入れ,両チームによる親善試合を開催しました。

ラグビー女子セブンズ親善試合(カナダ×日本)

岩手県営運動公園スポーツクライミング競技場

施設紹介

ボルダリング,リード,スピードの全3種目が揃う国内有数の常設施設。
スポーツクライミングは東京2020オリンピックで初めて採用された競技種目で,オリンピックでは各選手がこの3種目の総合成績を競います。
スピード競技場が完成した2018年には,オリンピックと同じ方式による国内初の全国大会「コンバインドジャパンカップ」の会場となりました。
新しいボルダリング競技場(屋外・屋内)が2020年3月に完成し,3つの高規格な競技施設が常設で揃うスポーツクライミングの拠点となっています。

利用競技

スポーツクライミング

主な設備

第1ボルダリング競技場(屋外・屋内),第2ボルダリング競技場,第3ボルダリング競技場,リード競技場,スピード競技場

所在地

盛岡市みたけ1丁目10-1

駐車場

約732台駐車可能(無料)

岩手県営運動公園スポーツクライミング競技場

主な開催実績

令和2年(2020年)

  • 第33回リードジャパンカップ(8月)

平成30年(2018年)

  • 第1回コンバインドジャパンカップ盛岡2018(6月)

平成29年(2017年)

  • スポーツクライミングカナダ代表チーム事前キャンプ(5月)

平成28年(2016年)

  • 希望郷いわて国体山岳競技

コンバインドジャパンカップ

2018年6月,スポーツクライミングの複合競技の全国大会「第1回コンバインドジャパンカップ」が開催されました。
東京オリンピックと同じ競技方法で行う国内初の全国大会として注目を集めました。
世界トップレベルの選手が出場する中,地元出身の伊藤ふたば選手が準優勝に輝くなど,大会は大いに盛り上がりました。

名称

スポーツクライミング 第1回コンバインドジャパンカップ盛岡2018

期日

2018年6月23日(土)~24日(日)

会場

岩手県営運動公園など

主催

公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

主管

一般社団法人岩手県山岳協会

種目

コンバインド(スピード,ボルダリング,リードの3種目複合)

来場者数

2,148人(2日間)

競技結果

【女子】優勝:野口啓代,準優勝:伊藤ふたば,第3位:谷井菜月
【男子】優勝:楢崎智亜,準優勝:楢崎明智,第3位:緒方良行

盛岡市公式ホームページ(スポーツクライミングコンバインドジャパンカップ2018)

助成制度

盛岡MICE開催助成制度

盛岡市内で開催されるスポーツ大会(全国大会・国際大会)を対象に,要件を満たす大会に助成金を交付しています。

公益財団法人盛岡観光コンベンション協会ホームページ

問い合わせ先

盛岡市スポーツツーリズム推進室
TEL 019-603-8009
E-Mail sports-t@city.morioka.iwate.jp

 

Vol.2【盛岡市】高規格スポーツ施設で大規模大会を開催できます
Vol.1【盛岡広域】各市町の取組を連載形式でご紹介します